【サッカー】トリッピングとは?直接フリーキックの対象になるファウル行為



サッカーの反則行為(ファウル)はカタカナ語で呼ばれることが多く、ものによっては意味がよくわからないものもあります。

実況者の言っている内容を1つでも理解できるように、この記事では「トリッピング」について解説します。

サッカーの反則行為「トリッピング」とは?

トリッピング(toripping)とは、相手プレーヤーをつまずかせたり、つまずかせようとする行為のことを言います。

例えば、スライディングで故意に相手の足を狙ってつまずかせた場合などは、トリッピングという反則になります。

相手のボールを奪おうとして足を出しに行ったら、たまたま相手の足がひっかかってしまった…というシーンは試合中によく見ますが、故意に行うのはとても危険なプレーです。

ヘディングの競り合いでもトリッピングになる

足を狙うことだけがトリッピングではありません。

ヘディングの競り合いのときに、相手の体の下に自分の腰をかがめて入れるのもトリッピングになります。

わたし

足だけではなく、体を使って相手を倒そうとするのもトリッピングです。

サッカーでトリッピングをした場合の罰則

トリッピングを故意に行った場合は、レッドカード(一発退場)もありえるとても危険な行為です。

また、故意でなくても反スポーツ行為としてイエローカードで警告を受けることもあります。

イエローカード(警告)の対象になる反則行為。基準は何?

トリッピングをした場合、相手チームに直接フリーキックを与えることになります。

この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(yuuki_azusa)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です