現在テーマ変更に伴う修正作業中です。一部表示崩れがありご不便をおかけしています。

クリック率が上がる!?光るボタンをAFFINGER以外でも使うCSSカスタマイズ

いらっしゃいませ三姉妹育児に奮闘中の主婦、あず(oyakocreate)です。

Twitterでこんなツイートを見かけました。

AFFINGER5に採用されている「光るボタンリンク」を使うと、クリック率が30%も上がる…だと!?

しかし、私はAFFINGER5を持っていませんし、今のところ購入予定もありません。

わたし

でも光るボタン使ってみたいなあ…

ということで、

AFFINGER以外のテーマでも(↑)こんな光るボタンを使えるように、コードを作ってみました。

動作確認済みのテーマ

  • THE・THOR(ザ・トール)
  • SANGO(PORIPU)
  • JIN
  • Diver

所有している有名どころのテーマでは、動作確認しています。

わたし

AFFINGERのものとは光り方やデザインが違いますが、これはこれでキレイにできました。

だんな

それ、自分で言うの?

広告

光るボタンを実装するためのCSSコード

紹介しているコードをstyle.cssにコピペするだけで実装できます。

わたし

親テーマのアプデ後も書き直さなくて良いように、なるべく子テーマのstyle.cssに追記してくださいね!

4色用意してみたので、好きなものを選んでコピペしてください。

複数カラーで光るボタンが使いたいと要望があったので、コードの修正を行いました。(2018.12.16)

光る赤いボタンを実装する

見本

CSS

.red-shiny a {
display: block;
position: relative;
z-index: 2;
overflow: hidden;
width: 100%;
font-weight: bold ;
border-bottom: solid 5px #f44744 ;
border-radius: 5px;
background-color: #F65E5B ;
color: #ffffff !important;
padding: 12px 0;
text-align: center;
text-decoration: none;
transition: .25s linear;
-webkit-transition: .25s linear;
-moz-transition: .25s linear;
}
.red-shiny {
display: block;
width: 100%;
margin-bottom: 1em;
}
.red-shiny a:hover {
-ms-transform: translateY(4px);
-webkit-transform: translateY(4px);
transform: translateY(4px);/*下に動く*/
border-bottom: none;/*線を消す*/
}
.red-shiny a:before {
display: block;
position: absolute;
z-index: -1;
left: -30%;
top: -50%;
content: "";
width: 30px;
height: 100px;
transform: rotate(30deg);
-webkit-transform: rotate(30deg);
-moz-transform: rotate(30deg);
background-image: linear-gradient(left, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,1) 50%,rgba(255,255,255,0) 100%);
background-image: -webkit-gradient(linear, left bottom, right bottom, color-stop(0%,rgba(255,255,255,0)), color-stop(50%,rgba(255,255,255,1)),color-stop(100%,rgba(255,255,255,0)));
background-image: -moz-linear-gradient(left, rgba(255,255,255,0) 0%, #ffffff rgba(255,255,255,1),rgba(255,255,255,0) 100%);
animation: shiny 2s infinite linear;
-webkit-animation: shiny 2s infinite linear;
-moz-animation: shiny 2s infinite linear;
}
@keyframes shiny {
0% { left: -30%; }
20% { left: 120%; }
100% { left: 120%; }
}
@-webkit-keyframes shiny {
0% { left: -30%; }
20% { left: 120%; }
100% { left: 120%; }
}
@-moz-keyframes shiny {
0% { left: -30%; }
20% { left: 120%; }
100% { left: 120%;}
}

HTMLコード

<div class="red-shiny">光るボタンにしたいリンク</div>

ショートコード化(上級者向け)

毎回HTMLを使うのが面倒な方は、以下のコードを子テーマのfunction.phpに追記してください。

わたし

PHPファイルをさわりますので、必ずバックアップをとってから作業してくださいね。

/*赤い光るボタンをショートコード化*/
function ShinyBtn( $atts, $content = null ) {
 return '<div class="red-shiny">' . $content . '</div>';
}
add_shortcode('redshiny', 'ShinyBtn');

function.phpに上記コードを追加すると、以下のショートコードで光るボタン(赤)が使えるようになります。

[redshiny]ここにリンク[/redshiny]

光る青いボタンを実装する

見本

CSS

.blue-shiny a {
    display: block;
    position: relative;
    z-index: 2;
    overflow: hidden;
    width: 100%;
	font-weight: bold ;
	border-bottom: solid 5px #558fd1 ;
	border-radius: 5px;
    background-color: #6c9bd2 ;
    color: #ffffff !important;
    padding: 12px 0;
    text-align: center;
    text-decoration: none;
    transition: .25s linear;
    -webkit-transition: .25s linear;
    -moz-transition: .25s linear;
}
.blue-shiny {
 display: block;
 width: 100%;
 margin-bottom: 1em;
}
.blue-shiny a:hover {
 -ms-transform: translateY(4px);
 -webkit-transform: translateY(4px);
 transform: translateY(4px);/*下に動く*/
 border-bottom: none;/*線を消す*/
}
.blue-shiny a:before {
 display: block;
 position: absolute;
 z-index: -1;
 left: -30%;
 top: -50%;
 content: "";
 width: 30px;
 height: 100px;
 transform: rotate(30deg);
 -webkit-transform: rotate(30deg);
 -moz-transform: rotate(30deg);
 background-image: linear-gradient(left, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,1) 50%,rgba(255,255,255,0) 100%);
 background-image: -webkit-gradient(linear, left bottom, right bottom, color-stop(0%,rgba(255,255,255,0)), color-stop(50%,rgba(255,255,255,1)),color-stop(100%,rgba(255,255,255,0)));
 background-image: -moz-linear-gradient(left, rgba(255,255,255,0) 0%, #ffffff rgba(255,255,255,1),rgba(255,255,255,0) 100%);
 animation: shiny 2s infinite linear;
 -webkit-animation: shiny 2s infinite linear;
 -moz-animation: shiny 2s infinite linear;
}
@keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%; }
}
@-webkit-keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%; }
}
@-moz-keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%;}
}

HTMLコード

<div class="blue-shiny">光るボタンにしたいリンク</div>

ショートコード化(上級者向け)

毎回HTMLを使うのが面倒な方は、以下のコードを子テーマのfunction.phpに追記してください。

わたし

PHPファイルをさわりますので、必ずバックアップをとってから作業してくださいね。

/*青い光るボタンをショートコード化*/
function shinyblue( $atts, $content = null ) {
 return '<div class="blue-shiny">' . $content . '</div>';
}
add_shortcode('blueshiny', 'shinyblue');

function.phpに上記コードを追加すると、以下のショートコードで光るボタン(青)が使えるようになります。

[blueshiny]ここにリンク[/blueshiny]

光る緑のボタンを実装する

見本

CSS

.green-shiny a {
    display: block;
    position: relative;
    z-index: 2;
    overflow: hidden;
    width: 100%;
	font-weight: bold ;
	border-bottom: solid 5px #00CC99 ;
border-radius: 5px;
    background-color: #66CC99 ;
    color: #ffffff !important;
    padding: 12px 0;
    text-align: center;
    text-decoration: none;
    transition: .25s linear;
    -webkit-transition: .25s linear;
    -moz-transition: .25s linear;
}
.green-shiny {
 display: block;
 width: 100%;
 margin-bottom: 1em;
}
.green-shiny a:hover {
 -ms-transform: translateY(4px);
 -webkit-transform: translateY(4px);
 transform: translateY(4px);/*下に動く*/
 border-bottom: none;/*線を消す*/
}
.green-shiny a:before {
 display: block;
 position: absolute;
 z-index: -1;
 left: -30%;
 top: -50%;
 content: "";
 width: 30px;
 height: 100px;
 transform: rotate(30deg);
 -webkit-transform: rotate(30deg);
 -moz-transform: rotate(30deg);
 background-image: linear-gradient(left, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,1) 50%,rgba(255,255,255,0) 100%);
 background-image: -webkit-gradient(linear, left bottom, right bottom, color-stop(0%,rgba(255,255,255,0)), color-stop(50%,rgba(255,255,255,1)),color-stop(100%,rgba(255,255,255,0)));
 background-image: -moz-linear-gradient(left, rgba(255,255,255,0) 0%, #ffffff rgba(255,255,255,1),rgba(255,255,255,0) 100%);
 animation: shiny 2s infinite linear;
 -webkit-animation: shiny 2s infinite linear;
 -moz-animation: shiny 2s infinite linear;
}
@keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%; }
}
@-webkit-keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%; }
}
@-moz-keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%;}
}

HTMLコード

<div class="green-shiny">光るボタンにしたいリンク</div>

ショートコード化(上級者向け)

毎回HTMLを使うのが面倒な方は、以下のコードを子テーマのfunction.phpに追記してください。

わたし

PHPファイルをさわりますので、必ずバックアップをとってから作業してくださいね。

/*緑の光るボタンをショートコード化*/
function shinygreen( $atts, $content = null ) {
 return '<div class="green-shiny">' . $content . '</div>';
}
add_shortcode('greenshiny', 'shinygreen');

function.phpに上記コードを追加すると、以下のショートコードで光るボタン(緑)が使えるようになります。

[greenshiny]ここにリンク[/greenshiny]

光るオレンジのボタンを実装する

見本

CSS

.orange-shiny a {
    display: block;
    position: relative;
    z-index: 2;
    overflow: hidden;
    width: 100%;
	font-weight: bold ;
	border-bottom: solid 5px #FF9922 ;
border-radius: 5px;
    background-color: #FF9966 ;
    color: #ffffff !important;
    padding: 12px 0;
    text-align: center;
    text-decoration: none;
    transition: .25s linear;
    -webkit-transition: .25s linear;
    -moz-transition: .25s linear;
}
.orange-shiny {
 display: block;
 width: 100%;
 margin-bottom: 1em;
}
.orange-shiny a:hover {
 -ms-transform: translateY(4px);
 -webkit-transform: translateY(4px);
 transform: translateY(4px);/*下に動く*/
 border-bottom: none;/*線を消す*/
}
.orange-shiny a:before {
 display: block;
 position: absolute;
 z-index: -1;
 left: -30%;
 top: -50%;
 content: "";
 width: 30px;
 height: 100px;
 transform: rotate(30deg);
 -webkit-transform: rotate(30deg);
 -moz-transform: rotate(30deg);
 background-image: linear-gradient(left, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,1) 50%,rgba(255,255,255,0) 100%);
 background-image: -webkit-gradient(linear, left bottom, right bottom, color-stop(0%,rgba(255,255,255,0)), color-stop(50%,rgba(255,255,255,1)),color-stop(100%,rgba(255,255,255,0)));
 background-image: -moz-linear-gradient(left, rgba(255,255,255,0) 0%, #ffffff rgba(255,255,255,1),rgba(255,255,255,0) 100%);
 animation: shiny 2s infinite linear;
 -webkit-animation: shiny 2s infinite linear;
 -moz-animation: shiny 2s infinite linear;
}
@keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%; }
}
@-webkit-keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%; }
}
@-moz-keyframes shiny {
 0% { left: -30%; }
 20% { left: 120%; }
 100% { left: 120%;}
}

HTMLコード

<div class="orange-shiny">光るボタンにしたいリンク</div>

ショートコード化(上級者向け)

毎回HTMLを使うのが面倒な方は、以下のコードを子テーマのfunction.phpに追記してください。

わたし

PHPファイルをさわりますので、必ずバックアップをとってから作業してくださいね。

/*オレンジの光るボタンをショートコード化*/
function shinyorange( $atts, $content = null ) {
 return '<div class="orange-shiny">' . $content . '</div>';
}
add_shortcode('orangeshiny', 'shinyorange');

function.phpに上記コードを追加すると、以下のショートコードで光るボタン(オレンジ)が使えるようになります。

[orangeshiny]ここにリンク[/orangeshiny]

光るボックスの色を変える

CSSの以下の部分のカラーコードを変更することで、光るボタンの色が変更できます。

わたし

8行目と10行目が変更箇所です。

このカスタマイズは、クリック率が上がることを保証するものではありません。



この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした!


参考リンク

AFFINGER5 の優秀すぎる機能をユーザー目線で紹介します。また有料プラグイン「AFFINGERタグ管理マネージャー…

サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン

HTMLとCSSのコピペで使えるボタンデザイン例を100個まとめました。立体的なものや、フラットWebデザインで使えるも…

広告
>WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

当ブログで使用しているWordPressテーマは「THE THOR(ザ・トール)」です。

THE THOR(ザ・トール)」は機能が豊富で、記事を書く効率が格段にアップ。税込15,984円で何個のサイト・ブログで使用してもOK。

カスタマイズ知識がなくても、設定項目を1つずつ進めていくだけでおしゃれなブログ・サイトが作成できます。

無料・無期限・無制限でのアフターフォローが受けられるので、安心して使用できるイチオシの有料テーマです。

CTR IMG