海釣りに適した時間帯「マズメ時」とは?メリットとデメリットも紹介

よく釣りに行く人って、早朝から出かける人が多いですよね。

Wick

実は、それにはちゃんとした理由があります。

それは私たち人間と同じように「食事の時間」、つまり朝ごはんと夜ごはんの時間が魚の世界にもあるからです。

それを釣りの専門用語で「マズメ」と呼んでいるのですが、この記事では魚のご飯の時間「マズメ」について説明したいと思います。

スポンサーリンク

魚の朝ごはんタイム「朝マズメ」

Wick

日の出から1時間前後がお魚達の朝ごはんタイムです。

この時間を基本的に「朝マズメ」と呼びます。

朝マズメの時間帯が釣れやすい理由は、海中には日光を浴びることで活動が活性化するプランクトンがいるから。

それを食べるために小魚が動き出し、さらに小魚を食べる大型魚も活発になるんです。

この時間が1時間前後と言われていて、釣り人にとってはとても大切な時間です。

そのため、釣りをする人は早朝から起きて現地に向かいます。

Wick

夏は朝早く、冬は寒い中で釣りをするわけですから大変…

魚の夜ごはんタイム「夕マズメ」

Wick

日没から1時間前後がお魚達の夜ごはんタイムです。

この時間を基本的に「夕マズメ」と呼びます。

この時間帯も朝の時間と同じく、夜行性プランクトンが活発に動き出す時間帯なので魚がとても釣りやすくなります

子連れ釣りには夕マズメが1番オススメ

休日の釣り公園や防波堤は、ファミリーでいっぱいです!

朝が早い朝マズメと違い、夕マズメはゆっくり出発して釣りを楽しむことができるので、子連れでの釣りがしやすいのもポイント。

Wick

夕食は釣ったばかりの新鮮な魚のお刺身、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

「朝マズメ」と「夕マズメ」どっちが良い?

基本的には「朝マズメ」の方が良いと言われています。

プランクトンの動きが、日没時より日の出の時間帯の方が活発だからでしょう。

実際に、真鯛や平目といった大型魚も「朝マズメ」の方が釣れている実績が高いので、狙うならぜひ「朝マズメ」をオススメします。

マズメでも釣れないことがある

毎回毎回「マズメ」の時間帯に海に行けば、必ず魚が釣れる訳ではありません。

特に注意しなければならないのは、「潮」です。

Wick

あまり潮が動かない小潮の日で、マズメの時間帯が干潮と重なったら最悪…

魚が1匹も釣れないこともあります。

でも、潮なんて普通は分かりませんよね?そんな時は、こういったものが便利です。

これは「潮見表」といいます。

潮と言うのは天気と違って動きが決まっているので、潮見表には365日分の潮の流れが記載されています

昔は釣具屋さんで1年間の潮見表の無料冊子をもらって確認していましたが、現在はWEB上でもかんたんに検索出来ます。

Wick

便利になりました。

釣りに行く際は、必ず潮見表を先に確認して行きましょう!

スポンサーリンク

まとめ

本格的に魚釣りを体験したい人は「朝マズメ」、午前中をゆっくり過ごしたい人は「夕マズメ」がおすすめです。

それぞれのメリット・デメリットがあるので、この記事が初めて釣りに行く方の参考になれば嬉しいです。


最後までお付き合いありがとうございました!

オトクな情報

Amazonで買い物をするなら、ギフト券チャージがおすすめです!

プライム会員なら最大2.5%、通常会員なら最大2%のポイントが返ってくるのでとってもお得。

関連記事&広告

この記事をシェア

>WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

当ブログで使用しているWordPressテーマは「THE THOR(ザ・トール)」です。

THE THOR(ザ・トール)」は機能が豊富で、記事を書く効率が格段にアップ。税込15,984円で何個のサイト・ブログで使用してもOK。

カスタマイズ知識がなくても、設定項目を1つずつ進めていくだけでおしゃれなブログ・サイトが作成できます。

無料・無期限・無制限でのアフターフォローが受けられるので、安心して使用できるイチオシの有料テーマです。

CTR IMG