ブログ

在宅フリーランスはパートナーの理解と協力が必要不可欠

▼ 楽しくブログを運営したいあなたに

いらっしゃいませ✨三姉妹育児に奮闘中のオタママ、あず(azusanchi )です。

在宅ワークを推奨している私ですが、決して楽だからオススメしているわけではありません。

家にいながら仕事ができることで、時間の融通がききますが、もちろん大変なこともあります。

今回は「在宅で働くときのパートナーの理解の必要性」について、私の思うことを記事にしたいと思います。

この記事では、私が説明のしやすい「ブロガー」を例として話をさせて頂きます。

スポンサーリンク

在宅ワークはすぐに成果が出にくい

私はブロガーですが、「浪費主婦で節約が苦手!そんな人は在宅ワークで収入を増やそう!」でも紹介した通り、在宅ワークには他にもいろいろなものがあります。

しかし、どの仕事にも共通して言えることは、最初にどれだけ動けるかが大事ということではないでしょうか?

ブロガーやアフィリエイターというのは、誰にも読まれなくても記事を書き続けないと成果は出ません。

同じく文章を書くライターも、最初は単価の安い仕事を受けて実績を積んでいく必要があります。

販売業なら、最初にある程度のお金をかけて商品を仕入れる必要がありますよね(ドロップシッピングは例外)。

つまり、「すぐにはお金にならないこと」に膨大な時間やお金をかける必要があります。

以下、ブロガーを例とした説明です。

成果は出ないが時間はかけないといけない

ブロガーがブログでお金を稼げるようになるには、半年から一年かかると言われています。

これは、一年で生活出来るレベルのお金が稼げるという意味ではありません。一年やってようやく「月に数千円〜数万円稼げる」という意味です。

あずさん
もちろん例外はあり、すぐに成果が出る人もいます。

ブロガーなど、自己スキルの重要となる仕事は継続が何よりも大事です。成果に結びつかないからと途中で諦めてしまっては、花が咲く前に散ってしまいます。

何故それだけの時間がかかるのか、という理由はまた別の記事で説明しますが、ブロガーとしてお金を稼ぐのは根気のいる作業の連続です。

お金にもならないのに膨大な時間を使い、記事を書き続けなくてはなりません。

最初にお金がかかる

ブログで稼ぐつもりなら、最低限の初期投資も必要です。

レンタルサーバーを借り、独自ドメインを取得し、ライティングの勉強をするために本を買ったり、有料セミナーに行く人もいるでしょう。

ちなみに私が今まで、ブログを運営するために使ったお金は、2年半で40万円以上です。

これだけ使っていますが、未だにパソコンは買えていません(笑)

私がお金をかけたのは、書籍やモブログの環境を整えるための費用がほとんどで、これは絶対に必要なわけではありませんが、あるとないとでは圧倒的に成長スピードが違ったと思っています。

対して稼いでもいないのに、これだけの費用をかける必要があったのです。

私ほどお金をかける必要もありませんが、最低限はかかります。というかかけた方がいいです。

ちなみに現在は、少しですがブログからの収入もあるので、ブログのために使ったお金は全てブログからの収入でペイ出来ました。



パートナーの理解が必要な理由

既にここまでのお話でわかった部分もあると思いますが、家族がいながらブロガーとして働くには「時間」や「お金」がかかることを理解してもらう必要があります。

私の場合は、会社員の旦那と3人の娘がいます。

旦那は仕事で日中家にいませんので、専業主婦のままであれば家事・育児を中心に行うのは私ということになるでしょう。

しかし現在私はブロガーとして活動しているため、前述したように作業には膨大な時間がかかります。

そのため、全ての家事をこなしながら、育児をして、ブログに書くための情報もインプットして、ブログも書くというのはとてつもなく大変な作業です。

理解があるから協力してくれる

私の旦那は、私のしていることを「仕事」として理解してくれています。

私がブログで稼いでいる金額なんて、旦那の足元にも及びません。

そのくせに、旦那の働いている時間(8時間)以上に毎日作業をしています。

今はインプットのための時間まで含めると、1日平均15時間はブログのために作業をしています。

睡眠時間を削り、なるべく夜中に作業をするようにもしていますが、今はそれでも足りません。

私の旦那は、私のやっていることを仕事として理解してくれているので、家事を分担してくれています。

どうしても寝るまでにやらなければいけないことがあれば、作業に集中出来るように子供たちを見ていてくれます。

夜遅く(朝方)まで起きている私を気遣って、朝の子供の支度をしてくれます。

この協力は理解がなければ難しく、この協力がなければ私がブロガーを続けるのは難しいです。

お金がかかることも反対しない

「ブログのために」と月に何冊も本を買うことも、止められたことはありません。

我が家は決して裕福なわけではなく、むしろお金がない方です。

月に数千円の書籍代は家計への打撃が大きく、そのシワ寄せは基本的に食費に来ます。

それでも、いくらお金をかけても反対されることはありません。

ずんずん
ご飯は、もやしでもなんでも大丈夫!

私の旦那は、いつも笑顔です。私のやりたいことのためなら、むしろ喜んでくれます。

私は理解ある旦那に恵まれた?

私は旦那が理解のある人だったからこそ、こうしてブロガーとして活動することが出来ます。

仕事としてブログを書くことが出来ます。どれだけ収入が少なくても、作業に時間をかけることが出来ます。

こういうことを書くと必ず「うちは理解がないから無理だわ…」なんて言う人がいるんですが、その前に自分のできることを本当に全部やったか考えてみてください。

上の方でフリーランスは初動が大事ということを書きましたが、動き出さなければ何も始まらないんです。

協力してほしいならまず行動

確かに私の旦那は、稀に見るような協力的な人です。

しかし、これは私自身のやる気が中途半端なら、応援してもらえなかったと思っています。

最初から理解してもらうことや、信用してもらうことは難しいかも知れません。

それなら、自分の限られた時間や環境で、今できる精一杯をやり続けるしかありません。

そうすることで「自分が協力したら、もっと出来るんじゃないかな?」と思ってもらえるんです。

私はブロガーとして動く前から、限られた環境下でネットショップを成功させるなど実績を積みました。

だからこそ、旦那はブロガーをやりたいという私に反対しないのです。

何よりも大切なのは、本人のやる気と本気度、そして信用してくれたパートナーをがっかりさせないようにすることです。



在宅フリーランスは大変だけど本気なら出来る

今回はブロガーを例に挙げて話しましたが、在宅フリーランスはどんな仕事でも大変です。

長い下積み、信用、なにより一番近くにいるパートナーの協力。

どれが欠けても成功することは難しいです。

会社を辞めて独立しようとするにしろ、育児をしながら開業しようとするにしろ、パートナーの協力なしには出来ません。

フリーランスは信用命です。

まずは、自分の一番近しいパートナーからの信用を得て、協力してもらいましょう。

あなたの一番近くの人の信用を得ることで、顧客の信用も得ることができるのです。

在宅ワークの種類についてもっと知りたい方は「浪費主婦で節約が苦手!そんな人は在宅ワークで収入を増やそう!」も是非ご覧ください。

あず(azusanchi ) でした

もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね✨

ABOUT ME
あずさん
あずさん
7歳・2歳・1歳の娘がいる主婦ブロガーです。「あずさんち」では自分の経験を元に、今後同じ悩みを持った主婦やママの助けになるようなブログを書いていきます。在宅ワークという働き方の選択肢を広めたい!
\ Twitterやってます /

私のイラスト用Twitterアカウントでは、おやこクリエイトの最新記事の更新情報などもツイートしています。

よければフォローしてみてくださいね♡

あずさんのTwitterを見る