モブログするならPressSync Pro一択!便利な使い方を画像50枚で徹底解説。

どうも、あず(@yuuki_azusa)です

私はブログを書くときに、パソコンを使いません。というか、管理画面を見るのはPHPのカスタマイズするときだけです。

構成・画像加工・文章打ち込み・装飾・投稿まで、全ての作業をiPhoneもしくはiPadで行っています。

今回は、記事を書くところから投稿までを行っているアプリ「PressSync Pro」の使い方を紹介します。

あずさんちの記事は、iPhone・iPadどちらからの更新でも全記事このアプリから投稿していますよ〜。

PressSync Proでモブログ

アプリストアでチェック

PressSync ProWordPressブログに投稿するためのアプリです。

iOS端末でのみ使用可能で、Android用のアプリはありません。iPhoneとiPadどちらでも使用可能です。

初心者の方でも扱いやすくなっていますが、この記事を読みながら設定していくと更にわかりやすいと思います。

ちなみにPressSyncという無料版のアプリもありますが、Pro版のみで使える便利な機能があるので、本格的に使うのであれば有料版をオススメします。

旦那

まず使い心地を試してみたい!

という方は無料版からでいいと思います。

PressSync Proの使い方

まずココからアプリをダウンロードします。

アプリストアでチェック

あず

今回はブログに掲載するために横長の画像で説明したかったので、iPadの操作画面の写真を載せています。

旦那

iPhoneでも使い方は同じなので、ご安心ください!

ダウンロードしたアプリを起動するとWordPressブログにログインする画面が表示されます。

必要な情報を入力して、「WordPressにログイン」をタップします。

記事一覧が表示されました!

旦那

これでもうブログを書くことが出来ます!

あず

これだけでも書くことは出来るんですが、これから紹介する”もっと便利になる設定”をしていくことをオススメします。

ブログにログインできなかった方は、モブログの女王あかめさんの記事をご覧ください。

参考

PressSync Proでログインできないエラーの解決方法!あかめ女子のwebメモ

PressSync Proのシステム設定をしよう

旦那

PressSync Proの便利な設定、早く教えて!

あず

ひとつずつ説明するから、PressSync Proを起動しながら見ていって下さいね♪

設定画面を開くには、記事一覧が表示されている状態から左上の歯車のマークをタップしましょう。

まずは、システム設定から変更していきます。

MEMO
PressSync Proでは複数のWordPressブログを管理することができますが、システム設定の内容は全てのブログを編集する際に適用されます。

システム設定では記事の同期件数や投稿画面のフォントサイズなどが設定できます。

ほとんどそのままでも大丈夫ですが、必ず設定しておいてほしいのがこの2つ!

  • App LinkMakerの設定
  • カスタム入力支援

あず

順番に説明していきますね。

App LinkMakerの設定

App LinkMakerの設定は、PressSync Proで使用可能なiOSアプリ・ミュージックのリンクに関する説明です。

この記事で使用しているこのアプリリンクは、全てPressSync Proの機能であるApp LinkMakerを使用しています。

アプリだけでなく

Appke Musicへのリンクや…

Mac用ソフトのリンクも記事を書きながらアプリ内で簡単に作れちゃいます。

さらに、このリンクに自分のアフィリエイトコードを自動で入力することが可能なので、ここは必ず設定しておくことをオススメします!

設定方法はとっても簡単で、App LinkMakrの設定の下部「アフィリエイト」欄を設定するだけ。

タイプは、AppleアフィリエイトのPHGや、代用としてよく使われるリンクシェアも選べます。

自分の登録しているApple対応のアフィリエイトを選んだら、「設定」にコードを入力しておくだけ!

あず

たったこれだけでApp LinkMakerの設定は完了です♪

リンクの作り方もとっても簡単。

記事執筆中にリンクを追加したいと思ったタイミングで、右下のマークをタップします。

App LinkMakerを選択します。

検索したいタイプと、キーワードを入力します。

あず

今回は、検索タイプ「iPhone」キーワード「PressSync」にしています。

検索内容に合う結果が表示されるので、選んでタップします。

すぐに本文に反映させたい場合は「テキストビューに貼付け」を選択でOKです。

これだけで簡単にアプリのリンクが貼れますよ。

注意
App LinkMakerはPro版のみに搭載されている機能ですので、無料版を使用している方は使うことが出来ません。

カスタム入力支援の設定

もう1つシステム設定の中で必ず設定しておいてほしいのが、カスタム入力支援です。

これがあるとないとでは、モブログの快適度が全く違いますので、必ず設定しておきましょう💡

まず、初めてカスタム入力支援を開くと何も表示されていない状態です。

これは、よく使うコードなどを自由に登録しておけるもので、執筆中にも簡単に呼び出すことが出来ます。

WordPressのプラグイン「AddQuicktag」のようなものだと思って頂けると、わかりやすいと思います。

それでは、さっそく登録していきましょう。

先ほどの画像の画面から、右上の”+”をタップすると、この画面になります。

ここに、自由に自分でコードを登録していきます。

各項目の説明は以下。

  • 名前…コードの選択の時に表示される部分です。わかりやすいものを設定しましょう(「赤文字」「文字サイズ大」など)
  • パラメーター数…間に文字を挟むタイプの場合は1を選べばOKです。(<font color=#FE2E2E>◯◯</font>など)
  • 即時貼付け…選択したときにすぐに本文にコードを入力するかどうか。基本的にオンのままで良いです。
  • フォーマット…ここにタグを入力します

あず

入力方法を例を挙げて説明します。

旦那

カスタム入力支援の使い方はこの例のあとで紹介しますよ!

まず、パラメーター数が”None=設定無し”の場合の例を挙げます。

私はいつも記事の文頭に同じ文章を入れています。

どうも、あず(@yuuki_azusa)です。

これですね。

でも、これを毎回手打ちしていると大変なので、カスタム入力支援に登録して一発で呼び出せるようにしています。

この場合、設定内容は以下のようになっています。

  • 名前は探すときにわかりやすいように「◆ 文頭-Twitter込み」
  • パラメーター数は「None」
  • 即時貼付けは「オン」
  • フォーマットには入力したい文章である「どうも、あず<a href=”https://twitter.com/yuuki_azusa/” target=”_blank”>@yuuki_azusa</a>です。」

なんとなくわかって頂けたでしょうか?

これで、記事を書いているときに「◆ 文頭-Twitter込み」を選ぶと「どうも、あず(@yuuki_azusa)です。」が入力される仕組みです。

次に、パラメーター数を”1″に設定したときの例を挙げます。

こちらは、先ほども説明したように間に文字を挟むようなコードに使用します。

今回は文字を大きくするためのコードを例に、カスタム入力支援の設定内容を説明します。

  • 名前は「◆ 文字サイズ+3」
  • パラメーター数は「1」
  • 即時貼付けは「オン」
  • フォーマットには「<font size=+3><Param1/></font>」
<Param1/>の部分には、執筆中に選択している範囲の文字が自動的に入ります。

例えば

こんな風に文字を選択した状態で、さっきの「◆ 文字サイズ+3」を選ぶと…

自動的に選択した文字の両端にタグが入ってくれます。

旦那

おおお!めっちゃ便利!で、どうやって使うの?

あず

今からそれを説明するよ〜♪

カスタム入力支援に登録したコードを呼び出すには、執筆中に右下の”HTML“をタップします。

Custom Input Support」を選びます。

すると、自分が登録したカスタム入力がズラッと表示されるので、入力したいものを選ぶだけ

旦那

こんな風に表示されるから、名前のところはわかりやすいように設定する必要があったんやね!

また、使用した支援入力はこの画像のように一定量表示されます。

なので、よく使うものは簡単に選べるようになっています。

あず

文字を挟むタイプの入力支援の場合は、範囲選択をしてから”HTML”をタップしましょう♪

もちろん先に入力支援で呼び出して、自分でカーソルを合わせて入力することも可能です。

ブログアカウントごとの設定をする

次にアカウント設定をしていきます。

この設定は、システム設定とは違いアカウントごとに設定が必要なので、複数のWordPressアカウントを登録する場合は全てのアカウントでそれぞれ適切な設定をして下さいね!

アカウントを選ぶと、このような画面になります。

設定項目が多いので知っておくと便利な項目のみ、抜粋して説明していきます。

注意
アカウント設定はシステム設定とは違い、右上の「保存」を選ばないと設定が反映されません!設定を変更したあとは必ず保存してくださいね!

アカウント

ログインの際に設定した、「ブログのURL」「ユーザー名」が表示されています。

もし、SSL化してURLが変更になった場合などは、ここから再設定することが可能です。

サーバー設定

「投稿タイプ」「カテゴリー」「ブログ」「作成者」「ダッシュボード」の欄があります。

普段触ることがあるのはカテゴリーくらいだと思います。

カテゴリーをタップすると、「カテゴリー」「タグ」という欄が出てきます。

それぞれ、一覧で表示され、右上の+を選ぶと新しく追加することも可能です。

また、スラッグ(パーマリンク)の設定もできるので、PressSyncから追加すればカテゴリーページのURLが日本語リンクになってた!なんてことにもなりません。

WordPressの記事のパーマリンクちゃんと設定してますか?SNSで読まれるために大切なこと

2017.08.18

ブックマーク

今後リライトが確実の記事などを登録しておけます。

記事一覧では表示できる記事数を少なめ(デフォルトは20件)にしてアプリの動作をなるべく軽くし、ブックマークからサッと確認できるようにします。

右上の+ボタンから追加が可能です。

追加方法はpost idを入力するだけです。

内部リンクを追加する予定の記事や、シリーズ化する予定の記事などを入れておくと便利です。

ファビコン

タップすると、設定しているファビコンが表示されます。

複数ブログを登録する場合などは、わかりやすくて便利です。

メディアデフォルト値

PressSyncで画像を挿入した際の、デフォルトの値を設定できます。

サイズの指定はもちろん、classの指定や、リンクの設定も可能!

あずさんちでは、画像は中央表示が基本なのでclassには「aligncenter」を指定。

画像リンクも基本的に必要ないので「None」に設定しています。

署名

PressSyncから記事を投稿したときに、自動的に文末に付く署名の設定ができます。

初期のままだと「via PressSync」と記入されているので、先に消しておきましょう。

文末にお決まりの言葉を使っている場合などは、ここに設定しておくと便利です。

プレビュー

ローカルプレビューをオフにすると、内部ブラウザでCSS反映された記事プレビューを確認できるようになります。

プレビューは、記事執筆中にプレビューボタンを押せばいつでも確認できます。

PressSync Proで記事を投稿しよう

おめでとうございます!

ここまで一緒に設定できたあなたなら、もう立派なモブロガーになれます!

あとは記事を書くだけ!さあ、カスタム入力支援やAppLinkMakerを駆使して、記事を書くのです。

あず

おっと!最後に、記事を投稿する前に必ず知っておきたいポイントを紹介しますね!

画像の詳細設定が簡単

記事執筆中に、右下のカメラマークから画像の挿入をしたあと、そのタグ内のどこでもいいのでカーソルを合わせてみると、画面右上に小さくサムネイルが表示されます。

ここから、メディアデフォルト値で設定したもの以外に簡単に変更ができます。

画像サイズの変更、classの変更、Altの入力なども行えて、全て変更してから「セット」を押すと、その画像のタグが自動的に指定したものに変換されます。

文字列検索・置換えが便利

執筆中に、こんな経験はありませんか?

あず

あ、やっぱり赤文字じゃなくて、あそことあそことあそこは青文字の方が良いかも…

あず

このアフィリンク終了したみたいだから修正しないと…

そう、タグや文字の変更がしたくなったときにもPressSync Proなら簡単に変更可能です!

AppLink Makerを呼び出したのと同じ、右下のマークをタップします。

文字列検索」もしくは「文字列検索と置換」を選びます。

今回は「文字列検索と置換」の画面で説明しますね。

検索したい文字列と、置換えたい内容をそれぞれ入力して「文字列検索」をタップ!

今回は文字を消すために置換えの部分は空白にしました。

すると、該当する文字列を自動で範囲選択してくれます。

左下に表示されている「次へ」を選ぶと、その次に該当する文字列を範囲選択してくれますよ。

あとは、「置換」や「全置換」を選択するだけ!

「置換」の場合は、範囲選択している文字列のみ置換えが適用され、「全置換」の場合は該当する文字列全てが設定したものに置換えられます。

はい、ワンタップで「あず」の文字が消えました。

多用する人は少ないかも知れませんが、覚えておくとかなり便利です。

マークダウン記法で入力もできる

モブログをするなら「マークダウン」が使えるエディターかどうかを重視する方も多いと思いますが、PressSync Proはマークダウン記法を使用することが可能です。

使い方は、アカウント設定の一番下の「マークダウン」欄から設定をオンにしておくだけ!

例えば、リスト表示をしたいときなら、このように入力します。

すると、実際の表示はこうなります。

  • マークダウンなら
  • リスト表示も
  • こんな風に
  • 簡単にできます

マークダウンを使うと、ulやliタグで文字を囲ったりする必要がないので、入力スピードが格段に上がります

PressSync Proの入力支援には、デフォルトでマークダウンの登録もされています。

種類も豊富で簡単に使うことが出来るので、マークダウン入力がしたい方は是非チェックしてみて下さい。

マークダウンについてはこのサイトがとてもわかりやすいです。

参考

文章作成やメモ書きにも便利、Markdown記法

旦那

HTMLタグを1から覚えるより断然簡単やね!

便利すぎる投稿オプション

PressSync Proで記事を書いたら、投稿する前に「投稿オプション」の設定をしましょう。

投稿オプションでは、投稿日時の指定、スラッグ(パーマリンク)の設定、カテゴリー・タグの設定、アイキャッチ画像の設定など、投稿に欠かせない設定が全てできます。

あえて今回は説明しませんでしたが、カスタムフィールドの設定もここから可能です。

なので、All in One SEO Packなどでカスタムフィールドを入力できるようにしている人は、モブログでもディスクリプションの設定などが可能。

モブログでもっとブログを身近なものに

快適にモブログができるようになると、執筆のために必ずしもパソコンが必要ではなくなります。

また、電波のない場所で記事を執筆・保存することも可能になり、PressSync Proならローカル保存しておいて、オンライン環境になってから投稿することもできます。

パソコンに向かうことのできない忙しい時間の合間に、外出中・通勤中に、いつでもどこでもブログが書けます。

だからもう、「時間がないからブログが書けない」と悩む必要もないんです!

私が0歳児を含む3人の育児という、毎日目が回りそうなくらい忙しい環境にいながらもブログが書けるのは、PressSync Proでモブログを始めたからです。

モブログの代表格と言われる「するぷろ」「SLPRO X」を使っていた頃は、高いアプリの割にここまでできなかったので…(小声)

アプリストアでチェック

ビジュアルエディターが魅力ですが、とにかく高いです(買ったけど)。あと、SLPRO XがiPad最適化されていないので…

写真加工に使用しているものなど、完全モブログ環境を可能にしているアプリたちは後日まとめて公開予定!

リクエストが多かったので、今回PressSync Proの記事を先に書きました。

みなさんも是非PressSync Proでモブログを始めてみてくださいね!

アプリストアでチェック

▼ このアプリもオススメです。

無料アプリ「Phonto」でスマホだけでお洒落なアイキャッチ画像を作る方法

2017.08.26

最後まで読んでくれてありがとうございました。あず(@yuuki_azusa)でした

2 Comments

コメントを残す