ゲーム記事は「ゲーム女子」に移動しました

大切なことは全てポケモンが教えてくれた。あえて大人にこそ知ってほしいポケモンの魅力

どうも、あず(@yuuki_azusa)です

私は「ポケモン」が大好きです。ゲームはシリーズ初作品の「赤・緑」から現在の最新作である「サン・ムーン」まで全作品プレイしています。

あず
もちろん、今年の11月に発売される「ウルトラサン・ウルトラムーン」も購入します!

ここまで私を魅了するゲームは、ポケモンとドラクエくらいなもの。

さて、では私は何故こんなにもポケモンが好きなのでしょうか?

今回は「大人にこそプレイしてほしいポケモンの魅力」をお伝えします。

ポケモンと歩んだ21年

1996年2月27日、ポケットモンスターシリーズの初作品となる「赤・緑」が発売されました。

当時5歳だった私、自分専用にゲームを買ってもらったのは「ポケモン赤」が初めて。

以来、どこに行くのもポケモンと一緒。通信ケーブルを持っていた私は、近所ではちょっとした人気者でした。

思い入れのあるゲームということもあり、2バージョン同時発売される内、片方は必ず買っていました。

ポケモンの奥深さを知った19歳の時

2010年9月18日、ポケットモンスターブラック・ホワイトが発売されました。

私は、この作品で初めて対戦の奥深さを知ります。

ポケモンの6つのステータス(HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さ)には、それぞれ0〜31までの個体値というものがあり、これはこれがステータスに大きな差を生む。

また、努力値というものでそれぞれのステータスを強化することが出来る。

ポケモンの種類ごとに種族値というものがあり、これは変えることができない。ポケモンごとに得意不得意がある。

あず
伝説のポケモンが最強なわけじゃないのか…!

衝撃を受けました。当時19歳です。子供の頃からずっとやっていたゲームが、実はこんなに頭を使うゲームだったとは…!

この頃に、2バージョン同時発売されていた内、自分が買わなかった方の歴代のソフトを全て買ってプレイしました。

今まではシナリオをクリアしたら、そこで終わりだった。ここからポケモンの魅力にどんどん取り憑かれていきます…

3DSでの発売により下がった通信の敷居

2013年10月12日、Nintendo 3DSで初めてのポケモン「X・Y」が発売されました。

3DSは本体でインターネット接続が可能になり、家に居ながらにして地球の裏側の人とも通信が可能になったのです

この作品から、自分の自己満足で育てていたポケモンたちでパーティーを組み、「レーティングバトル」というランダム通信対戦を始めることにしました。

そして面白いくらいに負ける、負ける、負ける。そして、たまに勝てる!

それが嬉しくて、負けた自分のパーティーの弱点を考え、もう1度ポケモンを育てます。そうして試行錯誤していくのがとても楽しいのです。

Amazonでチェック

演出が好き

ポケモンのゲームでは、主人公が小さな子供に話しかけるシーンで、子供の目線に合わせて主人公がかがみます。

そんな小さな演出は、製作陣の優しい心遣いを感じられてとても好きです。

また、現在の最新作である「サン・ムーン」では技のタイプ相性も表示されるようになりました。

子供は勿論ですが、バトルをしてこなかった方や、久しぶりにプレイする大人にとっても嬉しい仕様変更でした。

アニメから学んだ大切なこと

ポケモンのアニメ(通称:アニポケ)は、1997年4月1日から放送が始まりました。

以来、現在に至るまで20年間放送されています。

仲間を守るということ、優しい心、諦めない大切さ、全てアニポケが教えてくれました

子供のアニメだと侮ってはいけません。特に劇場版はストーリー・作画共に大人向けです。

例えば、「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」は、クローンによって産まれたミュウツーの話。

子供の頃は意味がわかりませんでしたが、大人になってから見ると考えさせられることがたくさんあります。

また、毎週放送されているアニポケでも、シリーズの最終回に向けての盛り上がりは劇場版さながらです。

こちらはAmazonプライムビデオで全作品見られますので、機会があれば是非見てほしいです。

参考

Amazonプライム会員登録はコチラ

語りつくせないのがポケモンの魅力

実際記事にしてみて思いました。ポケモンの魅力は、実際に触れてみないとわからない。伝えるのがとても難しいのです。

ゲームをプレイした人にしかわからない奥深さ、アニメを見た人にしかわからない感動

ただ一つ言えるのは、「子供っぽいから…」と避けてほしくないということ!

ポケモンは決して子供のものではなく、頭を使ったり、感動して泣いたり、真剣に考えさせられたりと、むしろ大人向けのものです

私の旦那は、子供の頃に赤緑をプレイしたっきりポケモンはやっていなかったようですが、私と出会ってからXYをプレイし(強制的にやらせて)、一気にポケモンにハマりました。

今では長女も巻き込み、家族でプレイ&アニメ鑑賞をしています。

「ポケモンはピカチュウしか知らない…」という方も、機会があれば是非一度今のポケモンに触れてみてもらえたら嬉しいです。

現在の最新作はコチラ!

2017年11月に発売される、ウルトラサン・ウルトラムーンに関する情報はこちらの記事をお読みください!

この記事を読んだ人にオススメです

2018年ポケモンおせち(二段重)予約開始!イワンコグッズがついてくる

【ポケモン】ウルトラサンウルトラムーン(USUM)の違い!どっちがオススメ?

ポケモン金銀の違いは何?初代からの変更点は?VC(バーチャルコンソール)版発売!仕様紹介

【サンムーン】簡単になったボール遺伝の法則について【オシャボ厳選】

【サンムーン】個体値ジャッジの解放条件は?「すごくいい」「かなりいい」はどれくらいの能力?

最後まで読んでくれてありがとうございました。あず(@yuuki_azusa)でした

コメントを残す