写真撮影の構図7選|これだけ覚えておけば写真は一気に上達する




いらっしゃいませ三姉妹育児に奮闘中の主婦、あず(oyakocreate)です。

キレイな写真を撮りたいと思うと、「ホワイトバランス」や「F値」など大切にしたいことはたくさんあります。

その中でも写真の印象を決める「構図」は、とても大事。

でも、構図と一言に言っても何をどう撮ればいいのかわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、「最低限これだけ覚えておけば写真が上達する構図」を7つご紹介します。

これだけは覚えておきたい写真の構図

それぞれ実例写真とともに、構図の紹介と説明を書いています。

最初の内は名前を覚えられなくてもいいので、「こんな撮り方をするのか〜」と見ていってください。

三分割法

三分割構図は、写真構図の基本中の基本です。

画面を縦横3分割して、交点や線に合わせて被写体を配置します。

iPhoneではグリッド線を表示することで、構図配置が楽になります。

あわせて読みたい

実際に三分割法を使って、撮影した写真がこちら。写真下部の交点に合わせています。

日の丸構図

写真の中心に被写体を置く日の丸構図。

無意識のうちに日本人には染み付いている構図で、ついついなんでもかんでも中心に配置してしまう人も多いのではないでしょうか?

インパクトがある写真になりますが、飽きられやすい構図でもあるので多用するのは注意が必要です。

実際に日の丸構図で撮影した写真がこちら。

対角線構図

対角線構図は、被写体を対角線上に配置する構図です。

走る子供、水族館の魚、離陸した直後の飛行機など動きのある被写体の撮影によく使われます。

実際に対角線構図で撮影した写真がこちら。

二分割法

画面を二分割して、被写体を配置する構図。風景写真によく使われます。

実際に二分割法で撮影した写真がこちら。

シンメトリー構図

呼び名の通り、左右対称(シンメトリー)の構図です。

お寺などの建物写真や、水面に反射させた写真などでよく使われます。

実際にシンメトリー構図で撮影した写真がこちら。

ローアングル

カメラを被写体より低い位置から撮るローアングルは、大きな建物を撮るときなどに使われることが多いです。

また、あえて写真をローアングルで撮ることで何でもない風景も、雰囲気が変わるためおもしろいです。

ハイアングル

先ほど紹介したローアングルとは真逆で、被写体より高い位置から撮るのがハイアングルです。

料理写真や、モノ撮りなどでよく使われます。

構図を覚えると写真がグッとうまくなる

写真の構図にはまだまだいろいろな種類がありますが、最初はこの7つを意識してみてください。

すでに撮影した写真を構図に合わせてトリミングしてみるのも、配置練習になるのでおすすめです。

わたし

iPhoneで撮影した写真はサイズが大きいので、トリミングで練習してみましょう!

構図を意識できるようになると、写真はグッとうまくなり、写真を撮るのがもっと楽しくなります。

ぜひ、1つの被写体でもいろいろな構図を試して撮影してみてくださいね。

この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です