ゲーム記事は「ゲーム女子」に移動しました

WordPressの記事のパーマリンクちゃんと設定してますか?SNSで読まれるために大切なこと

どうも、あず(@yuuki_azusa)です

今日は、昨日私が立ち上げたグループに新しく入ったメンバーさんのお悩み解決。

パーマリンクの設定」について解説していきたいと思います。

これをちゃんと設定していないと、記事のURLの見栄えが悪くなりますので、注意して下さいね。

では、さっそくいってみましょう!

そもそもパーマリンクとは?

そもそもパーマリンクの意味がわからない方へ。

パーマリンクとは、Webページの中の個別のコンテンツに対して設けられたURLのことである。特に、ブログにおける個々のエントリー(毎日の記述)に対して割り当てられたURLを指すことが多い。

引用元:パーマリンクとは 「固定リンク」 (Permalink): – IT用語辞典バイナリ

はい、難しいですね。

簡単に説明するために、この記事のURLで例えると「https://azu3.com/permalink/」この赤文字の部分のことを指します。

ここをきちんと設定することで、どんな内容の記事なのかがURLを見ただけでわかります。

日本語パーマリンクじゃダメ?

このようなURLを見かけたことはありませんか?

https://azu3.com/こんにちは

パーマリンクの部分が日本語になっているURLです。一見、わかりやすさを重要視するなら、日本語で設定した方がわかりやすいような感じがします。

だけどそれは、私はオススメしません。

今回グループメンバーが困っていたのも、それが原因でした。

日本語URLは、アドレスバーや外部サービスにコピペした際に、自動的にエンコードされURLが長くなってしまいます。

これじゃ、凄く見にくいですよね。だから、私は日本語URLはオススメしません。

適切なパーマリンクの設定方法

まずWordPressの管理画面から、パーマリンクの設定方法を変更します。

  1. 設定→パーマリンク設定を選びます
  2. カスタム構造を選び、白枠内に「/%postname%/」と入力します
  3. 変更を保存で完了です

これで下準備は整いました。次は実際に記事を投稿する時の注意点です。

  1. 編集画面上部、記事タイトルの下あたりにあるパーマリンクの「編集」ボタンを押します
  2. 元々は記事タイトルがそのままになっているので、これを全て消して任意の英数字で入力します
  3. 入力したらOKを選び、記事を投稿・更新します

これで記事のパーマリンクが設定できています。お疲れ様でした。

パーマリンクを決める時の注意点

  • 日本語入力しない

上でも述べたように、日本語入力してしまうとアドレスバーや外部サービスにコピペした際に、自動的にエンコードされURLが長くなってしまいます。

  • いくつかの単語を繋げる時は「-(ハイフン)」で区切る

例えばこの記事↓

この記事のURLは「https://azu3.com/polca-thank-you/」です。

単語ごとに区切ることで、Googleのクローラーが何の記事なのかを判別しやすくなり、SEOにも効果を出します

polcathankyou」だと、どこで区切るのかを判別してもらえず、検索順位が上がりにくくなることがあります。

カテゴリーベースだとダメ?

ダメではありませんが、私はオススメはしません。

カテゴリーベースを設定するには、パーマリンクの設定でカスタム構造を選択し、以下の内容を入力します。

/%category%/%postname%/

これを入れることにより自分で設定した記事のパーマリンクの前に、選択したカテゴリーのスラッグも入るようになります。

この記事ですと、このようになります👇

https://azu3.com/permalink/

https://azu3.com/blog-customize/permalink/

こうすることで、「ブログカスタマイズ」の中の「パーマリンク」の記事だと認識してもらうことが可能になります。

旦那

じゃあ、その方が良いんじゃないの?

という意見も多いですし、実際その方がSEO的には良いです。

でも私がオススメしないのは、ブログの記事が増えるとカテゴリーは変更があるというのが理由にあります。

例えばこの記事を「ブログカスタマイズ」のカテゴリーから「wordpress」のカテゴリーに移動させたらどうなると思いますか?

あず

記事のURLが変更になるんです!
https://azu3.com/blog-customize/permalink/

https://azu3.com/wordpress/permalink/

これは大きな痛手です。拡散された記事があったとしても、そのURLからはもう流入が見込めません。
(リダイレクトを組めば可能)

なので、それなら最初から「URLの変更のないようにカテゴリーは使わないようにした方が良い」というのが私の考えです。

また拡散力の高いTwitterでは、リンクアドレスは最後の方は…で省略されて表示されます。

なので、カテゴリースラッグまで入れている長いURLだと、記事のパーマリンクが見えなくなるのでURLでの内容が伝わりにくくなります。

このように、パーマリンクまできちんと見ている人は意外とたくさんいます。拡散されるのにパーマリンクは関係ないとは思わず、きちんと設定したいですね。

まとめ

奥が深いパーマリンク。

長くなりすぎた場合は短縮URLを使うという手もありますが、短縮URLにはスパムサイトが多くユーザーにはクリックを懸念されがちです。

適切なものを設定し、ユーザーがクリックしやすくなる環境を整えることも、ブログを運営する人にとっては大切です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。あず(@yuuki_azusa)でした

コメントを残す