メンダコが見られる水族館まとめ|住所・電話番号・SNSアカウントなど

どうも、こんにちはっ!あずさんち管理人のちゃぴ(@oyakocreate)です(゚∀三゚三∀゚)

メンダコは飼育がとても難しく、水族館ですら長期間飼うことが難しい生き物です。

そんなメンダコ、日本では7ヶ所の水族館で飼育されたことがあります。

今日展示されていたとしても、明日にはいなくなってしまうかも知れない。それくらい貴重な生き物です。

この記事では、「メンダコが見られる水族館」「メンダコの飼育経験がある水族館」をまとめています。

あずみ

メンダコ目当てで訪れる場合は、必ず水族館に確認をしましょうね!

関連記事

[kjk_temp id="18023"] あなたは、深海のアイドルと呼ばれる「メンダコ」を知っていますか? タコなのに墨を持たず、ヒラヒラとした耳のようなものがついている、とても不思議でかわいい深海生物です。 [kjk_[…]

スポンサーリンク

メンダコが見られる水族館

日本でメンダコの飼育経験がある水族館は、ぜんぶで7ヶ所です。

その内、2018年9月27日時点でメンダコが見られるのはたった1ヶ所でした。

見に行く際には、現在メンダコがいるかどうか水族館に必ず確認をとりましょう。

沼津港深海水族館

深海生物といえば、沼津港深海水族館!

2週間以上の飼育が難しいメンダコの、飼育日数世界記録を更新している水族館です。

住所静岡県沼津市千本港町83
電話番号055-954-0606
ホームページ沼津港深海水族館
Twitter@NumazuDeepsea

メンダコの飼育経験がある水族館

残念ながら、今現在メンダコに会える場所は少ないです。

過去にメンダコを展示していたことがある水族館を掲載しますので、展示のお知らせが出たら急いで会いに行ってみてください。

あずみ

2〜3日で展示が終了するケースも多く、メンダコは本当に貴重です!

名古屋港水族館

展示期間:2017年3月3日〜3月5日

住所愛知県名古屋市港区港町1-3
電話番号052-654-7080
ホームページ名古屋港水族館
Instagram@port_of_nagoya_public_aquarium

鳥羽水族館

展示期間:2013年2月4日〜2月6日

住所三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
電話番号0599-25-2555
ホームページ鳥羽水族館
Twitter@TOBA_AQUARIUM

サンシャイン水族館

展示期間:2018年2月15日〜数日

住所東京都豊島区東池袋3-1-1
電話番号03-3989-3466
ホームページサンシャイン水族館
Twitter@Sunshine_Aqua

葛西臨海水族園

葛西臨海水族園では、2016年に世界で初めて水槽内でのメンダコの産卵・孵化に成功しました。

住所東京都江戸川区臨海町6-2-3
電話番号03-3869-5152
ホームページ東京ズーネット|葛西臨海水族園
Twitter@KasaiSuizokuen

アクアワールド茨城県大洗水族館

展示期間:2015年7月16日〜7月18日、2018年2月5日〜2月10日頃

住所茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
電話番号029-267-5151
ホームページアクアワールド茨城県大洗水族館
Twitter@aw_oarai

新江ノ島水族館

2015年に、メンダコを48日飼育することができた新江ノ島水族館。

毎年のようにメンダコの飼育をしていて、飼育中には「メンダコチャレンジ」というタイトルで公式ブログも更新されています。

展示期間:2017年3月30日〜4月24日

住所神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
電話番号0466-29-9960
ホームページ新江ノ島水族館
Twitter@enosui_com
スポンサーリンク

水族館へメンダコに会いに行こう!

現在メンダコに会える水族館は「沼津港深海水族館」のみですが、各水族館のSNSアカウントではいち早くメンダコ展示のお知らせを知ることができます。

「メンダコに会いたい!」という人は、ぜひお近くの水族館のTwitterやInstagramのアカウントをフォローして情報を待ちましょう。

沼津港深海水族館は、その名前の通り深海生物をメインに飼育・展示しているので、メンダコに会える可能性もとても高いですよ。

あずみ

メンダコの研究が進んで、もっといろんなところで見られるようになるといいなあ〜。


最後までお付き合いありがとうございますっ!あずみ(@oyakocreate)でした(゚∀三゚三∀゚)

オトクな情報

Amazonで買い物をするなら、ギフト券チャージがおすすめです!

プライム会員なら最大2.5%、通常会員なら最大2%のポイントが返ってくるのでとってもお得。

関連記事&広告

この記事をシェア

>WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

当ブログで使用しているWordPressテーマは「THE THOR(ザ・トール)」です。

THE THOR(ザ・トール)」は機能が豊富で、記事を書く効率が格段にアップ。税込15,984円で何個のサイト・ブログで使用してもOK。

カスタマイズ知識がなくても、設定項目を1つずつ進めていくだけでおしゃれなブログ・サイトが作成できます。

無料・無期限・無制限でのアフターフォローが受けられるので、安心して使用できるイチオシの有料テーマです。

CTR IMG