小松菜のおすすめの保存方法|コツは水分を吸わせてから保存




いらっしゃいませ三姉妹育児に奮闘中の主婦、あず(yuuki_azusa)です。

購入したばかりの小松菜は水分が抜けているので、風味や味が落ちるのも早くそのまま保存すると長期保存に向きません。

そんな小松菜をおいしく長期保存するなら、やっぱり冷凍がおすすめ。

この記事では、小松菜をおいしく保存できる方法と保存期間の目安を紹介します。

小松菜をそのまま保存する方法

小松菜を買ってきた状態で手を加えず保存したい場合は、ペーパータオルに包んで冷蔵すると良いです。

まず、小松菜を5分程度水に浸けて水分を吸収させてシャキッとさせます。

その後、水気を拭き取ってからペーパータオルなどで根元を包んで、保存袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

立てて保存すると、さらに長持ちします。

野菜室ではなく冷蔵室での保存を。

おいしく食べられる保存期間の目安は、約1週間です。

小松菜を冷凍保存する方法

小松菜を冷凍保存する場合は、ざく切りにして冷凍するのがおすすめです。

まずは、小松菜を3等分にざく切り。

ボウルに水を入れて、5分ほど浸けておく。

ボウルで水をきったり、キッチンペーパーなどで軽く水分を拭き取る。

水滴が残ったまま冷凍すると、霜がついてしまい味や風味が落ちる原因になります。

フリーザーバッグに入れて、中の空気をしっかり抜きながら封をして冷蔵庫へ。

冷凍した小松菜を、おいしく食べられる保存期間の目安は約1ヶ月です。

小松菜をおいしく保存して活用しよう

炒めものや和え物、味噌汁などいろいろと活躍する小松菜は、冷凍なら1ヶ月ほどはおいしいまま保存が可能。

小松菜は野菜の中でもトップクラスにカルシウムが豊富なので、吸収率を高めるビタミンDと一緒に食べるのがおすすめです。

この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(yuuki_azusa)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です