【サッカー】ジャンピングアットとは?相手に飛びかかる反則



「これからサッカーのことを勉強したい!」と思う人が、まずつまずいてしまうのがサッカー用語のカタカナの多さですよね。

実況者の言っている内容を1つでも理解できるように、この記事では「ジャンピングアット」について解説します。

サッカーの反則行為「ジャンピングアット」とは?

ジャンピングアット(jumping at)とは、相手プレーヤーに飛びかかる行為のことを言います。

相手プレーヤーが近くにいるときに、浮いたボールをヘディングしようとジャンプして相手選手とぶつかってしまうようなプレーのこと。

もちろん、ボールを奪いに行く(ヘディングする)フリをしてわざと相手選手に飛びかかったりすればファウルになります。

また、体を投げ出したようなタックルやジャンプして相手に体当たりする行為は、「ジャンピングアット」の反則にあたります。

サッカーでジャンピングアットをした場合の罰則

ジャンピングアットをした場合、酷いときには反スポーツ行為としてイエローカードで警告を受けることもあります。

img_4909

ジャンピングアットをした場合、相手チームに直接フリーキックを与えることになります。

この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です