【機種別】iPhoneの強制再起動方法まとめ




いらっしゃいませ三姉妹育児に奮闘中の主婦、あず(oyakocreate)です。

通常、iPhone動作が遅い・動きがもっさりしているなどの場合は、基本的には電源オフ→電源オンの通常の再起動をすれば大丈夫です。

ただしiPhoneがフリーズしてしまった場合などそもそも通常の再起動ができなかったり、通常の再起動で解決しないときには、この記事に書いてある方法で強制再起動を試してみてください。

MEMO
この記事ではiOS12時点での情報を掲載しています。今後のソフトウェアアップデートで操作方法などが変更になることがあります。

iPhone X / 8 / 8 Plus以降の機種を強制再起動する方法

対応機種
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus

iPhone 8以降の機種を強制再起動する方法は、まるでゲームの隠しコマンドのよう…。

  1. 音量を上げるボタンを押してすぐ放す
  2. 音量を下げるボタンを押してすぐ放す
  3. サイドボタン(スリープ/スリープ解除/電源ボタン)を電源が切れるまで長押しする

iPhone 8以降の機種を強制再起動したい場合は、この動作をなるべく素早く行ってください。

iPhone 7 / 7 Plusを強制再起動する方法

iPhone 7と7 Plusの場合は、サイドボタン(スリープ/スリープ解除/電源ボタン)音量を下げるボタン同時に長押しします。

画面が消えてからもサイドボタンの長押しを続けると、リンゴマークが出てきてiPhoneが再起動します。

iPhone 6s / 6s Plus / SE以前の機種を強制再起動する方法

iPhone 6と6 Plusの場合は、サイドボタン(スリープ/スリープ解除/電源ボタン)ホームボタン同時に長押しします。

このとき、長押しせずすぐに指を離してしまうとスクリーンショットが撮影されます。

画面が消えてからもサイドボタンの長押しを続けると、リンゴマークが出てきてiPhoneが再起動します。

iPhoneを強制再起動をするときの注意点

iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続している場合、必ずUSBケーブルからiPhoneを外して操作してください。

リカバリーモードの操作手順と共通している部分があるので、間違えてiPhoneを初期化(復元)してデータが消えてしまう可能性があります。

また、パソコンの強制再起動と同じくiPhone内のデータは消えないので、強制再起動によるデメリットは特にありません。

ただし、作業中だったアプリの未保存データが消えてしまう可能性があるので注意が必要です。

この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です