iPhoneで写真を上手く撮りたいならグリッド線を表示して構図を意識しよう




いらっしゃいませ三姉妹育児に奮闘中の主婦、あず(oyakocreate)です。

iPhoneでもっといい感じの写真が撮りたいな〜と思ったら、まずはグリッド線を表示するべきです。

だんな

あの線、邪魔じゃない?

わたし

そんなことないよ!むしろグリッド線がないと構図が決まらないよ!

ということで、この記事では「グリッド線の役割」と「iPhoneの標準カメラにグリッド線を表示する方法」をご紹介します。

グリッド線を表示すると構図を意識できる

iPhoneでも一眼レフでも、写真の構図はとても大事です。

写真の構図には「三分割法」や「対角線構図」などがあり、構図を意識することで印象がバシッと決まります。

とくに写真の基本である「三分割法」構図の写真を撮るためには、グリッド線があるととても楽になります。

ワンランク上の写真を撮りたいなら、なんとなくで撮影するよりもグリッド線を表示して三分割法を意識してみましょう。

iPhoneのカメラアプリでグリッド線を表示する方法

「設定」アプリを開き、「カメラ」の中にある「グリッド」をオンにします(緑の状態になればOK)。

基本を知ってiPhoneでワンランク上の写真を撮ろう

iPhoneのカメラでも一眼レフでも、写真を撮るときに大切なことは同じです。

構図やアングル、光の当て方など基本的なことを大切にして、ステキな写真を撮りましょうね。

あわせて読みたい
azusan この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です