現在テーマ変更に伴う修正作業中です。一部表示崩れがありご不便をおかけしています。

WordPress|投稿一覧画面に記事IDを表示するカスタマイズ

いらっしゃいませ三姉妹育児に奮闘中の主婦、あず(oyakocreate)です。

WordPressでは、投稿した記事一つ一つに記事IDが割り振られています。

WPテーマ「SANGO」や「STORK」では、ショートコードに記事のIDを入れることで、内部リンクボックスを表示することができます。

こういった機能があると、少しでも楽に記事IDを調べたいもの。

ということで、今回は投稿一覧画面に記事IDを表示するカスタマイズ方法をご紹介します。

広告

投稿一覧に記事IDを表示する

今回紹介するカスタマイズ方法を使うと、このように投稿一覧ページに記事IDを表示することができるようになります。

通常、記事IDを調べるには記事タイトルの上にカーソルを合わせて、リンク先のURLを確認する必要がありますが、地味にめんどくさいんですよね…(笑)

だんな

めんどくさがりすぎやろ!

わたし

ちょっとでも楽な方がいいやん?

投稿一覧に記事IDを表示するカスタマイズ方法

PHPファイルをさわります。必ずバックアップをとってから作業を行ってください。

子テーマのfunction.phpに以下のコードをそのままコピペしてください。

//投稿一覧画面に記事ID表示
add_filter('manage_posts_columns', 'posts_columns_id', 5);
add_action('manage_posts_custom_column', 'posts_custom_id_columns', 5, 2);
add_filter('manage_pages_columns', 'posts_columns_id', 5);
add_action('manage_pages_custom_column', 'posts_custom_id_columns', 5, 2);
function posts_columns_id($defaults){
    $defaults['wps_post_id'] = __('ID');
    return $defaults;
}
function posts_custom_id_columns($column_name, $id){
    if($column_name === 'wps_post_id'){
        echo $id;
    }
}

これで、投稿一覧に記事IDが表示されるようになりました。

子テーマを導入していない場合は、以下のリンクからダウンロードして導入してくださいね。

その他のテーマを利用している場合は、「テーマ名」+「子テーマ」で検索すると出てくるはずです。

わたし

一部、子テーマの配布がされていないテーマもあるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

WordPressはカスタマイズで、どんどん便利にすることができます。

当ブログ「あずさんち」では、コピペだけでできるカスタマイズ方法をたくさん紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

WordPress記事まとめ



この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした!


広告
>WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

当ブログで使用しているWordPressテーマは「THE THOR(ザ・トール)」です。

THE THOR(ザ・トール)」は機能が豊富で、記事を書く効率が格段にアップ。税込15,984円で何個のサイト・ブログで使用してもOK。

カスタマイズ知識がなくても、設定項目を1つずつ進めていくだけでおしゃれなブログ・サイトが作成できます。

無料・無期限・無制限でのアフターフォローが受けられるので、安心して使用できるイチオシの有料テーマです。

CTR IMG