Huawei|mate10 pro購入!iPhone Xとの比較レビュー

▼ どこよりもわかりやすいブログの育て方

▼ 英語に興味のあるあなたへ

いらっしゃいませ✨三姉妹育児に奮闘中のオタママ、あず(oyakocreate )です。

iPhone 4からシリーズ全機種を購入してきた私ですが、最近の価格高騰がかなりつらくなってきました。

本体代が高いと言われているiPhone Xも一括で購入したのですが、毎月の保険も1,000円を超えるという維持費の高さ。

ということで、販売店で働いている旦那に相談してみました。

あずさん
いいかげんiPhone以外で良いスマートフォンないかな?

ずんずん
Huaweiのmate10 proがやばいよ。

ということで、さっそくAmazonでSIMフリーのmate10 proを購入してみました!

結論から言うと、最高です!

iPhoneと比べても引けを取らないどころか、コスパ的にはmate10 proが圧勝です。

スポンサーリンク

Huaweiのmate10 proを購入しました

定価96,984円(税込)のmate10 proですが、2018年6月1日時点でAmazonでは79,000円(税込)で購入することができます。

あずさん
19%オフでとってもオトクです♡

カラーは「チタニウムグレー」「ミッドナイトブルー」の2色があります。

あずさん
私はミッドナイトブルーを購入しました!

外装

外箱は黒くとてもオシャレな雰囲気。

内容・同梱物

箱を開けると、保護シートの貼られたmate10 pro本体が入っています。

さらに内箱を開けると、type-c USBケーブル(充電ケーブル)、ACアダプタ、イヤホン、mate10 pro用のクリアケースが入っています。

あずさん
セットでケースが入っているのは新しい!

mate10 pro本体

保護シートが貼られたままの状態では、本体の見た目はこのようになっています。

裏面にはデュアルSIM対応という内容が書かれていますね。

mate10 proはデュアルSIMに対応しているので、異なる2枚のSIMカードを切り替えて使うことができます。

さらに、mate10 proは購入した時点で画面の保護フィルムが貼られています。

これは、他のスマートフォンにも貼られているような販売前の傷防止の保護シートとは別で、保護シートをはがした下に保護フィルムがあります。

あずさん
最初から貼られているので、保護フィルムを貼るのが苦手でも安心です!

ただし、この保護フィルムは光沢タイプの普通のフィルムなので、ガラスフィルムやマットフィルムを貼りたい方は別で準備する必要があります。

私はガラスフィルム派なので、Amazonで別のものを購入しました。

同梱されていたクリアケースは、このようなシリコンタイプです。

実際にケースを着けてみた写真です。

クリアタイプなので本体の色を邪魔しませんし、シリコンなので持っている感じも痛くないのがありがたいですね。

mate10 proとiPhone Xの比較

「Huaweiのmate10 proはiPhoneの代わりになるのか」というのが、私の中ではとても大事なので、2つを実際に比較してみました。

画面の大きさを比較

どちらも画面の明るさを最高にして比較。左がmate10 pro、右がiPhone Xです。

1画面に表示される情報量は、縦にかなり長くなったiPhone Xには少し劣ります。

ただ、iPhone 8と比較してみるとmate10 proの方が1画面の情報量は多くなります。

画面サイズの比較
mate10 pro約6.0インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED / 2160 x 1080ピクセル
iPhone X5.8インチ(対角) Super Retina HDディスプレイ
オールスクリーンOLED / 2,436 x 1,125ピクセル

スペックを比較

mate10 proiPhone X
OSAndroid. 8.0 Oreo / EMUI 8.0iOS 11
メモリ6GB RAM3GB RAM
CPUHUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53)
+ i7 コプロセッサ / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit
64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ
本体容量128GB64GB / 256GB
バッテリー容量4000mAh / 急速充電対応2716mAh / 急速充電対応
カメラ性能1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム
像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF
4K動画撮影
12MP広角カメラと12MP望遠カメラ
開口部 f1.8
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム / 4K動画撮影
認証背面にセンサー(指紋認証)インカメラでFace ID(顔認証)
防水・防塵対応 / IEC規格60529にもとづくIP67等級
外部ストレージ不可

カメラに関しては性能はほとんど変わりません。

iPhone XにはFace IDが導入されましたが、mate10 proのカメラも人物を検知して自動的に美肌効果を付ける機能があるなど、カメラはどちらも素晴らしい性能です。

また、どちらもダブルレンズなのでポートレートモード(人物を認識して背景をボカす機能)が標準カメラで使えます。

大きな違いはバッテリー容量で、mate10 proが4000mAhに対して、iPhone Xは2716mAh。

さらに、認証方法の違いや本体容量の違いなどがあります。

価格で比較

iPhone XはApple Storeでの価格、mate10 proは公式発表の定価を記載しています。

税込み表示mate10 proiPhone X
64GB121,824円
128GB96,984円
256GB140,184円

どちらもSIMフリー版での比較です。キャリア版の場合は価格が変動します。

iPhone Xの64GBでも、mate10 proとは約25,000円の差があります。

mate10 proは現在販売されているAndroid端末の中でもトップクラスのハイエンドモデルですが、税込みで10万円をきる安さが特徴。

あずさん
いや、iPhoneが高すぎるだけかな…

さらにiPhoneでは、アクセサリーもApple製品、本体補償の金額の高さ(しかもAppleCareに入っていても修理代はとられる)という維持費の高さも目立ちます。

iPhone Xと比較しても性能は全く引けを取らないので、コスパを考えるとmate10 proの圧勝ですね。

mate10 proをおすすめできる人

こんな人におすすめ

  • 脱iPhoneしたい人
  • 10万円以下でハイエンドモデルを使いたい人
  • カメラの画質や機能にこだわる人
  • マスクをつけていることが多いなど、FaceIDが面倒な人
  • スマホで大容量ゲームをよく遊ぶ人
  • 格安SIMに乗り換えたい人

mate10 proは私が今まで購入したスマホの中でも、No.1の良いスマホです。

    なので万人におすすめできますが、ここまでのハイスペックである必要がない人にとっては、宝の持ち腐れになってしまいます。

    そんな人には、同じくHuaweiの「P10 lite」や「nova lite 2」「mate10 lite」などのライトモデルがおすすめです。

    すべて2万円~3万円台で購入できるのに、3000mAh以上の大容量バッテリー、カメラの性能も十分高く、メモリは3GB~4GBありサクサク動きます。

    あずさん
    Huaweiのスマートフォンは値段以上のスペックがあたりまえなので、今どんどん人気が高まっています。

    がっつり1日中スマホをさわる人や、ゲームアプリを始めると止まらないというような人は、ぜひmate10 proの購入を検討してみてください。

    あず(oyakocreate ) でした

    もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね✨
    投資に興味がある方はコチラも ▼
    ブログ運営者さんにオススメ ▼