直接フリーキック、間接フリーキック、ペナルティーキックの違い

サッカーの試合中に反則行為があった場合、反則を受けた側が「フリーキック」をしますよね。

フリーキックには「直接フリーキック」「間接フリーキック」「ペナルティーキック」の3種類があることを知っていますか?

今回は、「どのような反則を受けるとどのフリーキックができるのか」など、それぞれのフリーキックの特徴を説明します。

スポンサーリンク

そもそもフリーキックとは?

サッカーでの「フリーキック」とは試合中にファウルや不正行為があった場合に、反則を受けた側が、反則を受けた地点から相手に邪魔されない状態でキックしてプレーを再開するルールです。

Bチームの反則によってAチームがフリーキックの権利を得た場合、Bチームの選手はボールから10ヤード(9.15m)離れる必要があります。

あずみ

ただし、ペナルティーエリア内での間接フリーキックのときは、ゴールライン上にいる場合に限って10ヤード以上離れていなくても大丈夫です。

ペナルティーエリアについては「ペナルティーキック(PK)の欄で説明します

フリーキックの種類

「直接フリーキック」「間接フリーキック」「ペナルティーキック」の3種類のフリーキックについて、それぞれの特徴を説明します。

直接フリーキックとは?

直接フリーキックになる反則行為は、下記の11種類です。

対象の反則行為

  1. ハンド(キーパー以外がボールを手で触る)
  2. 相手を蹴る
  3. 相手をつまずかせる
  4. 相手に飛びかかる
  5. チャージ(肩で体当たり)をする
  6. 殴る
  7. 押す
  8. 抑える
  9. つばを吐きかける
  10. ボールではないところへのスライディングタックル
  11. 相手の行動を妨害する

さらに詳しくは「直接フリーキック・PKの対象になるファウル(反則行為)のまとめ」をご覧ください。

関連記事

サッカーには、セットプレーの一つである「フリーキック」があります。 その中でも「直接フリーキック」は、直接ゴールを狙うことができる(シュートしていい)大チャンス。 [kjk_balloon id="1"]逆に、相手には絶対に与えたくない[…]

直接フリーキックのときには、審判は手を横に掲げます。

フリーキックは、ファウルや不正行為が行われた位置から行い、相手のゴールに直接入った場合は得点として認められます。

自分のゴールに直接入った場合は、相手チームのコーナーキックになります。

関連記事

サッカーの試合中に実況者のこんなコメントを聞くことはありませんか? [kjk_balloon id="25"]○○(相手チーム)からのセットプレー。ここはしっかり守りたいですね。[/kjk_balloon] この記事では「セットプレーっ[…]

間接フリーキックとは?

間接フリーキックは、キーパーの反則により行われることも多いです。

対象の反則行為

  1. ゴールキーパーがボールを手から離すまでに6秒以上掛かる
  2. ボールを手から離して相手プレーヤーが触れる前に再び手で触れる
  3. バックパスを手で触れる
  4. 味方プレーヤーのスローインを直接手で触れる
関連記事

「サッカーは11人で1つのチーム、手を使ってはいけないルール」というのは初心者の人でもなんとなく知っていると思います。 そんな11人の中でも、ゴールキーパー(GK)だけは手を使ってもハンドにならないですよね。 フィールドにいる選手の中で[…]

ゴールキーパー以外のフィールドプレーヤーの場合は、以下のような場合に行われます。

対象の反則行為

  1. 危険な方法でプレーする
  2. 相手の前進を妨げる
  3. ゴールキーパーがボールを離すのを妨げる
  4. オフサイド
関連記事

サッカーの試合を見ていると「オフサイド」という言葉を耳にすることがあります。 でも、サッカーのことをちゃんと知らないとオフサイドがどういったプレーなのか、わからないですよね。 [kjk_balloon id="1"]私もわかりませんでし[…]

間接フリーキックのときには、審判は手を上方に掲げます。

間接フリーキックの場合、直接ゴールを狙ってシュートを打つことはできませんが、キッカー以外のプレイヤーに触れずに相手ゴールに直接入った場合はゴールキックになります。

あずみ

キッカー以外のプレイヤーに触れずに、自分のゴールに直接入った場合は相手側のコーナーキックで試合が再開されます。

スポンサーリンク

ペナルティーキック(PK)とは?

ペナルティーキックは少し特殊なので項目を分けました。

直接フリーキックの対象である10項目の反則のひとつを、自分のペナルティーエリアの中でやってしまった場合、相手チームにペナルティーキックが与えられます。

ペナルティーエリアとは、ゴールキーパーがボールを手で触っても良いエリアのこと。

ペナルティーキックになると、キッカーと守備側のゴールキーパー以外のプレイヤーは敵も味方もペナルティーエリアの外にいなければいけません。

主審がホイッスルを吹くと同時にペナルティマークを指さすことでキックの合図を出し、ボールが蹴られた瞬間にプレーは再開されます。

あずみ

ペナルティーキックは直接フリーキックなのでそのままシュートすることができ、得点も入ります。

プロサッカー選手のペナルティーキック(PK)成功確率は約80%で、絶対に与えたくないフリーキックです。

あずみ

ちなみに私が注目している柏レイソルの中村航輔選手は、2017年6月4日の対浦和レッズ戦でPKでの得点すら許さないスーパーセーブ連発の若き才能あふr

ずんずん

はいストーップ!

中村航輔選手については「SAMURAI BLUE(日本代表)中村航輔選手について語らせてください」をご覧ください。

関連記事

私は、サッカーを見始めてすぐに川島永嗣選手のファンになりました。 川島選手といえば、SAMURAI BLUE(サッカー日本代表)のゴールキーパーなのですが、最近もう1人注目している選手がいます。 それが、同じく日本代表に招集されているゴ[…]

ペナルティーキック(PK)に関しては、説明することが多いので後日別記事にまとめるかも知れません。

サッカーのフリーキックまとめ

「反則行為からのフリーキック」と一言で言っても、その内容は様々。

反則内容や位置によりフリーキックの内容は違うので、ゲーム展開が大きく変わることもあります。

あずみ

なんでこのタイミングでPK与えてしまうんや〜!っていう試合ありますもんね。

サッカーをより面白いものにするフリーキック、ぜひ覚えておいてくださいね。


最後までお付き合いありがとうございますっ!あずみ(@azusanchi)でした(゚∀三゚三∀゚)

オトクな情報

Amazonで買い物をするなら、ギフト券チャージがおすすめです!

プライム会員なら最大2.5%、通常会員なら最大2%のポイントが返ってくるのでとってもお得。

関連記事&広告

この記事をシェア

>WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

WordPressテーマはTHE・THOR(ザ・トール)がおすすめ

当ブログで使用しているWordPressテーマは「THE THOR(ザ・トール)」です。

THE THOR(ザ・トール)」は機能が豊富で、記事を書く効率が格段にアップ。税込15,984円で何個のサイト・ブログで使用してもOK。

カスタマイズ知識がなくても、設定項目を1つずつ進めていくだけでおしゃれなブログ・サイトが作成できます。

無料・無期限・無制限でのアフターフォローが受けられるので、安心して使用できるイチオシの有料テーマです。

CTR IMG