直接フリーキック、間接フリーキック、ペナルティーキックの違い

どうも、あず(@yuuki_azusa)です

サッカーの試合中に反則行為があった場合、反則を受けた側が「フリーキック」をしますよね。

フリーキックには「直接フリーキック」「間接フリーキック」「ペナルティーキック」の3種類があることを知っていますか?

今回は、「どのような反則を受けるとどのフリーキックができるのか」など、それぞれのフリーキックの特徴を説明します。

そもそもフリーキックとは?

サッカーでの「フリーキック」とは試合中にファウルや不正行為があった場合に、反則を受けた側が、反則を受けた地点から相手に邪魔されない状態でキックしてプレーを再開するルールです。

Bチームの反則によってAチームがフリーキックの権利を得た場合、Bチームの選手はボールから10ヤード(9.15m)離れる必要があります。

あず
ただし、ペナルティーエリア内での間接フリーキックのときは、ゴールライン上にいる場合に限って10ヤード以上離れていなくても大丈夫。
MEMO
ペナルティーエリアについては「ペナルティーキック(PK)の欄で説明します。

フリーキックの種類

「直接フリーキック」「間接フリーキック」「ペナルティーキック」の3種類のフリーキックについて、それぞれの特徴を説明します。

直接フリーキックとは?

直接フリーキックになる反則行為は、下記の10種類です。

対象の反則行為
  • ハンド(キーパー以外がボールを手で触る)
  • 相手を蹴る
  • 相手をつまずかせる
  • 相手に飛びかかる
  • チャージ(肩で体当たり)をする
  • 殴る
  • 押す
  • 抑える
  • つばを吐きかける
  • ボールではないところへのスライディングタックル

直接フリーキックのときには、審判は手を横に掲げます。

フリーキックは、ファウルや不正行為が行われた位置から行い、相手のゴールに直接入った場合は得点として認められます。

あず
自分のゴールに直接入った場合は、相手チームのコーナーキックになります。

間接フリーキックとは?

間接フリーキックは基本的に、キーパーの反則により行われることが多いです。

対象の反則行為(GK)
  • ゴールキーパーがボールを手から離すまでに6秒以上掛かる
  • ボールを手から離して相手プレーヤーが触れる前に再び手で触れる
  • バックパスを手で触れる
  • 味方プレーヤーのスローインを直接手で触れる

ゴールキーパー以外のフィールドプレーヤーの場合は、以下のような場合に行われます。

対象の反則行為
  • 危険な方法でプレーする
  • 相手の前進を妨げる
  • ゴールキーパーがボールを離すのを妨げる
  • オフサイド
オフサイドとは?今さら聞けない基本用語を誰でもわかる図で解説

間接フリーキックのときには、審判は手を上方に掲げます。

間接フリーキックの場合、直接ゴールを狙ってシュートを打つことはできませんが、キッカー以外のプレイヤーに触れずに相手ゴールに直接入った場合はゴールキックになります。

あず
キッカー以外のプレイヤーに触れずに、自分のゴールに直接入った場合は相手側のコーナーキックで試合が再開されます。

ペナルティーキック(PK)とは?

ペナルティーキックは少し特殊なので項目を分けました。

直接フリーキックの対象である10項目の反則のひとつを、自分のペナルティーエリアの中でやってしまった場合、相手チームにペナルティーキックが与えられます。

ペナルティーエリアとは、ゴールキーパーがボールを手で触っても良いエリアのこと。

ペナルティーキックになると、キッカーと守備側のゴールキーパー以外のプレイヤーは敵も味方もペナルティーエリアの外にいなければいけません。

主審がホイッスルを吹くと同時にペナルティマークを指さすことでキックの合図を出し、ボールが蹴られた瞬間にプレーは再開されます。

あず
ペナルティーキックは直接フリーキックなのでそのままシュートすることができ、得点も入ります。
プロサッカー選手のペナルティーキック(PK)成功確率は約80%で、絶対に与えたくないフリーキックです。

あず
ちなみに私が注目している柏レイソルの中村航輔選手は、2017年6月4日の対浦和レッズ戦でPKでの得点すら許さないスーパーセーブ連発の若き才能あふr
旦那
うるさい。

ペナルティーキック(PK)に関しては、説明することが多いので後日別記事にまとめるかも知れません。

サッカーのフリーキックまとめ

「反則行為からのフリーキック」と一言で言っても、その内容は様々。

反則内容や位置によりフリーキックの内容は違うので、ゲーム展開が大きく変わることもあります。

あず
なんでこのタイミングでPK与えてしまうんや〜!っていう試合ありますもんね。

サッカーをより面白いものにするフリーキック、ぜひ覚えておいてくださいね。

最後まで読んでくれてありがとうございました。あず(@yuuki_azusa)でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です