iPhoneでSafariの閲覧履歴を確認・消去する方法




いらっしゃいませ三姉妹育児に奮闘中の主婦、あず(oyakocreate)です。

ちょっと人には見せられないようなWebページを見たあとに、タブを閉じただけで閲覧履歴の存在を忘れていませんか?

Safariでは開いたページの履歴が、一定数残ります。だからタブを閉じただけじゃあなたが見ていたサイトは丸わかり!

この記事では、Safariの閲覧履歴の確認方法と消去方法を説明します。

出来心で開いてしまったページ、絶対にバレたくない!という方は検索履歴の削除予測変換のリセットもあわせてどうぞ。

MEMO
この記事ではiOS12時点での情報を掲載しています。今後のソフトウェアアップデートで操作方法などが変更になることがあります。

iPhoneでSafariの閲覧履歴を確認する

わたし

まずはSafariの閲覧履歴の確認方法を説明します。

  • STEP.1
    Safariを起動する
    開くページは何でもOK。とりあえずiPhoneで Safariを起動します。
  • STEP.2
    本のマークをタップする

    右下にある本のマークをタップします。表示されていない場合は、画面を下方向にスクロールしてみてください。

  • STEP.3
    時計のマークをタップする

    本のマークはブックマークページです。上の方にあるタブの一番右、時計のマークをタップします。

  • STEP.4
    閲覧履歴が表示されました

    時計マークをタップすると、Safariの閲覧履歴が表示されます。

iPhoneでSafariの閲覧履歴を消去する方法

Safariの閲覧履歴を消すには、まず閲覧履歴を表示します。方法は2通りあるので好きな方法で削除してください。

方法1.閲覧履歴をまとめて消去する

右下の消去ボタンをタップします。

消去したい閲覧履歴の期間を選択します。

「直近1時間」「今日」「今日と昨日」「すべて」から選ぶことができますが、それ以上細かく消したい場合は個別で消去する必要があります。

「すべて」を選んで消去した結果、履歴がまっさらになってスッキリしました。

方法2.閲覧履歴を個別で消去する

Safariの閲覧履歴を個別で消したい場合は、消したい履歴を左にスワイプします。

「消去」という項目が出るので、タップすれば個別に閲覧履歴を消すことができます。

まとめ

閲覧履歴を削除しただけでは、検索の履歴や検索するために使った言葉がキーボードの予測変換に残ります。

絶対にバレたくない!という方は検索履歴の削除予測変換のリセットもあわせてどうぞ。

わたし

そもそもそんなに隠したいページってなんなんでしょう…?

また、Safariのプライベートモードを使えば閲覧履歴や検索履歴に残らなくなります

頻繁に履歴を消す必要がある人は、そちらも参考にしてみてください。

この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です