直接フリーキック・PKの対象になるファウル(反則行為)のまとめ



サッカーには、セットプレーの一つである「フリーキック」があります。

その中でも「直接フリーキック」は、直接ゴールを狙うことができる(シュートしていい)大チャンス。

わたし

逆に、相手には絶対に与えたくないものです。

では、どんな反則を犯すと相手に直接フリーキックを与えてしまうのか知っていますか?

この記事では、直接フリーキックの対象になるファウル(反則行為)をまとめておきます。

このページに書いているファウルを自分のペナルティーエリアの中で犯してしまうと、相手チームにペナルティキック(PK)を与えてしまいます。

直接フリーキックの対象になるファウル(反則)

直接フリーキックの対象になる反則は、11種類あります。以下、1つずつ説明していきます。

直接フリーキックについては、「直接フリーキック、間接フリーキック、ペナルティーキックの違い」をご覧ください。

直接フリーキック、間接フリーキック、ペナルティーキックの違い

1.ハンドリング

通称ハンド。意図的にボールを手や腕でさわる行為のこと。

ハンドリングについて詳しくは「サッカーのハンドはどこに触れるとダメ?レッドカードもありえる反則」をご覧ください。

サッカーのハンドはどこに触れるとダメ?レッドカードもありえる反則

2.キッキング

相手を蹴る、または、蹴ろうとする行為のこと。

詳しくは、「【サッカー】キッキングとは?レッドカードもありえる悪質な反則行為」をご覧ください。

【サッカー】キッキングとは?レッドカードもありえる悪質な反則行為

3.トリッピング

相手をつまずかせる、または、つまずかせようとする行為のこと。

詳しくは「【サッカー】トリッピングとは?直接フリーキックの対象になるファウル行為」をご覧ください。

azusan

4.ジャンピングアット

相手にとびかかる行為のこと。

詳しくは「【サッカー】ジャンピングアットとは?相手に飛びかかる反則」をご覧ください。

【サッカー】ジャンピングアットとは?相手に飛びかかる反則

5.ストライキング

殴ったりひじなどで相手を打つ、もしくは、打とうとする行為のこと。

6.プッシング

相手を押す行為のこと。

7.ファウルタックル

相手にタックルする行為のこと。

8.ホールディング

相手を抑える行為のこと。

9.スピッティング

相手につばを吐きかける行為のこと。

10.ファウルチャージ

相手にチャージ(肩で体当たり)する行為のこと。

11.コンタクト・インピーティング

体を接触させて相手を妨げる行為のこと。

相手選手以外への暴力なども直接フリーキックの対象

審判や味方の競技者(フィールド・ベンチ問わず)、チームスタッフに対して乱暴な行動などをした場合も、相手チームへ直接フリーキックを与えることになります。


totoがスマホでも買える




Club toto会員なら、サッカーくじ「toto」が24時間いつでも家にいながら買えちゃいます。

toto BIGならサッカー知識も必要なし!100円から買えてお手軽なのに、毎週億万長者になれるチャンスが!

会員登録だけでOKなキャンペーン開催中
この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です