Android 8.0でステータスバーに電池残量をパーセント表示させる方法




いらっしゃいませ三姉妹育児に奮闘中の主婦、あず(oyakocreate)です。

Android端末を使っていると、ステータスバーのバッテリー表示がアイコンのみで残量がわかりにくいのが欠点でした。

しかし、Android 8.0でようやく標準機能でステータスバーにバッテリー表示ができるようになりました。

わたし

今まで外部アプリを使ったり、隠しコマンドを使って表示させていた人にとっては朗報ですね。

この記事では、Android 8.0でステータスバーにバッテリー残量を表示させる方法を説明しています。

Huawei(ファーウェイ)のスマートフォンも続々とAndroid 8.0に対応していますので、ぜひアップデートをしてバッテリー表示をしてみてください。

Android 8.0でステータスバーにバッテリー残量をパーセント表示させる方法

この記事では、Huaweiのmate10 proを使ってステータスバーに電池残量を表示する方法を説明します。

他のAndroid端末でも設定手順は同じですが、内容や画面の表示が微妙に違いますので、確認しながら進めてください。

Huawei mate10 proの場合

「設定」アプリを開いて表示される項目から「電池」を選びます。

下のほうにある「電池残量表示位置」を選びます。

メニューが出てくるので、「アイコンの隣」もしくは「アイコン内」を選ぶと、ステータスバーに電池残量が表示されるようになります。

アイコン内を選んだ場合は、電池残量が数字のみで表示されます。

わたし

パーセント表示したい場合は「アイコンの隣」を選びましょう!

まとめ

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「電池」のメニューを選ぶ
  3. 「電池残量表示位置」を選ぶ
  4. 「アイコンの隣」もしくは「アイコン内」を選ぶ

電池残量はアイコンのみのザックリした表示より、数字で見えた方が安心ですよね。

Android 8.0からは、かんたんにステータスバーに電池残量を表示させられるようになったので、ぜひお試しください。

この記事はここまでです。もしお時間があれば、ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

あず(oyakocreate)でした

ブログのトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です